仕立て方で変化する着物

こんばんは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

昨日2018年春夏「タテボカシ着物」の新色がお仕立てから出来上がってまいりました。

絶賛撮影中です。

(まだ終わってませんが…・たぶんGW空けにはWEBSHOPに掲載予定です)

ちなみにこれらは4/28(土)〜のイベント先行販売となります。

 

元々反物の状態ではこんな感じ

ただただ

同系色の濃淡のみ。

 

通常プレタと呼ばれるもの以外の反物はだいたいこんな感じです。

この状態から着物に仕立てていくのですが、

このような柄は仕立てが重要でございます。

 

なぜなら全く別物のように雰囲気が変わります。

こちらと

 

こちら。

 

元々は同じ反物。

 

このようなタテボカシのものは

まずは衿元の色をどうするか。

そして

衽から前幅の柄合わせをどうするかで随分雰囲気が変わります。

 

着物は形が同じだからこそ

この仕立ての配置が非常に重要でございます。

反物で見る時はあくまでも布として見てしまいがちですが、

衿・衽・前幅・そで

のそれぞれの柄配置。

そして

後姿や横から見た感じはどうなるのか…。

想像力とある程度の仕立ての仕組みがわかっているかいないかで、非常に出来上がりの差が出てきてしまうように感じます。

正解・不正解が無いものは難しい…。まさにセンスでございます(笑)。

 

こればかりは

たくさんの反物を見ることと経験値に尽きるのではないかなぁと感じる次第でございます。

 

本日はこのへんで

ではでは

 

 

オハラリエコのお気に入りin KOBE

4/28(土)〜5/1(火)12:00〜19:00

(最終日のみ20:00まで)

〒6500022 神戸市中央区元町通6-6-5-201

(オハラリエコ着付け教室内)

 

◆着付け教室◆

オハラリエコ着付け教室

プライベートコースステップアップコース随時受付中

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP オープン

 

◆監修書籍◆
「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

 

 

0

    | 1/86PAGES | >>
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode