お茶のお稽古着物 師走

こんにちは。

神戸元町着付け教室RICO STYLE

着物コーディネーターのオハラでございます。

 

師走ですね。

今年もあとわずか。

一気にクリスマスな感じです。

神戸でもいよいよクリスマスツリーが点灯し、

今週末からは夕方からは激混みが避けれない(笑)ルミナリエが開催されます。

 

そんな中

今年最後のお茶のお稽古でございました。

玄関の様子。

ちゃんと靴下やサンタ型のプレゼントも飾ってあります。

素敵や…。

 

お茶室前のエリアもクリスマス。

やはりグリーン×レッドってクリスマス定番カラーですね。

 

中央の置物は陶器でできておりました。

キュートでございます。

リースには少し工夫をされていて

ちっちゃいサンタさんがおりました。

繊細である…。

 

そして

お茶室のお軸。

先生に

「なんて読むかわかる?」

と聞かれ

全くわからなかったオハラ…。

 

「不事」(ぶじ)と読むそうです。

今年一年無事に過ぎますね。という意味(だったと思う…ものすごく曖昧…。全く自信なし…)

なんだか背筋が伸びる想いでございます。

 

この日のお椀も大ぶりでとっても素敵でございました。

瓢箪が6つ描かれていて

「無病息災」

縁起ものなので年中使っても良いそうなのですが、ねぎらいの意味も込めて年末に使うといいそうです。

知らなかった…。

このお椀も瓢箪の中には四季折々のお花が描かれております…。

 

お菓子は椿。

干菓子もまさにクリスマス!

 

この日はワタクシが最後だったのですが、写真のようにお菓子が出てまいりました。

オモッキリメインのツリーをいただきました…。

 

さて

12月のお稽古ということでクリスマスっぽい

そしてお稽古っぽい装いをと勝手に思って(笑)コーディネート。

何故だか帯揚げの結び目がずれてますがお許しを…。

鈍い赤のお召にレースモチーフの博多帯。

衿元はいつもなら黒をしちゃいますが、お稽古では白半襟を。

お太鼓の感じ。

 

なんとなくポインセチアっぽくてこの時期重宝するかと思っております。

(ちなみに秋には紅葉をイメージしてもらえれば…)

グリーンの着物もあるので

グリーン×赤の帯でコーディネートしてもこの時期は良いかもしれません。

 

そして白く見えるところはシルバー糸で織り込まれております。

お稽古なのでこれくらいのインパクトは良しと勝手に思っております(笑)。

 

まだまだ超ビギナーのワタクシですが、

やはりお稽古着物は通常のコーディネートと違って色々勝手に(笑)気を使ってコーディネートしております。

それはそれで楽しくやっております。

 

あと

着付けも若干変わります。

着物も大き目の方がお稽古しやすうございます。

長時間座っていることが多いため、上前をかぶせ気味に着付け、衿もシャープにキリっと着付けております。

そうなると身幅はゆったり目の方が圧倒的にストレスがございません…。

これもまた検証ですな。

 

本日はこのへんで

ではでは

◆着付け教室◆

オハラリエコ着付け教室

2018年1月スタート 着物初心者・ビギナーコース 募集中

2018年1月スタート 人に着せる(プロコース) 募集開始

 

プライベートコースステップアップコース随時受付中

お問い合わせ・お申し込みはこちらから

 

◆オリジナルブランド◆

RICO STYLE  WEB SHOP オープン

◆監修書籍◆
「ふだん着物のらくらく結び半幅帯と兵児帯」世界文化社

着姿スッキリ!らくらく着付け」世界文化社

 

0

    | 1/10PAGES | >>
    オハラリエコ着付け教室オフィシャルサイトお問い合わせへ
    オハラリエコオリジナル商品 ウェブショップはこちら

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    エントリー記事

    カテゴリー

    過去の記事一覧

    最近のコメント

    リンク

    プロフィール

    サイト内検索

    others

    モバイル

    qrcode